脱毛の前後に飲酒してはいけない理由

脱毛を受ける場合、その前後の大体12時間くらいはお酒を飲んではいけません。

しかしただ飲酒がダメと言われただけで、納得はできないという人もいるのではないでしょうか。

そのような人に向けて、脱毛前後に飲酒をしてはいけない理由と、もし飲酒をしたらどうなってしまうのかを解説していきます。

脱毛前後に飲酒をしてはいけない理由

脱毛前後にお酒を飲んではいけないのは、お酒に含まれるアルコールが脱毛に影響するからです。

その詳しいメカニズムを確認していきましょう。

血流が良くなってダメージが大きくなるから

脱毛では、肌に多少のダメージが加わります。

なのでそのダメージに耐えられるように、いつも通りの健康な状態でなければいけません。

けれど脱毛後に飲酒をしてしまうと、アルコールによって血流が良くなってしまって、肌へのダメージが大きくなってしまいます。

脱毛前の飲酒も体内にアルコールが残ってしまうので、ダメージが大きくなってしまうのは同じです。

脱毛前後に肌が乾燥しやすくなるから

脱毛によってダメージを受けた肌が元の状態に戻るためには、潤いが必要です。

けれど飲酒をすると、体内の水分が失われてしまって肌が乾燥しやすくなります。

そのため回復がしにくいです。

また潤いには、肌を守るバリアの働きもあります。

毛がなくなって無防備になっている肌に潤いがなければ、バリア機能も働かずに外からのダメージを受けやすくなります。

脱毛前後に飲酒をした場合に起こること

飲酒が脱毛に影響することはわかっても、実際にどんな悪影響があるのかがわからないという人もいるでしょう。

そんな人に向けて、飲酒をしたときに起こる良くないことを説明します。

肌トラブルや強い痛みが起こる

飲酒によって血流が促進されると、単純に炎症が起こりやすくなります。

お酒を飲むのと飲まないのとでは、肌が赤くなる度合いや、赤みが続く期間の長さが違います。

そして脱毛前に飲酒をしていれば、施術時の痛みを強く感じるようになる人が多いです。

通常だと耐えられる痛みでも、飲酒後の激しい痛みには耐えられず、施術途中でやめたくなるかもしれません。

アフターケアの保障がなくなってしまう

脱毛サロンやクリニックでは、肌トラブルが発生した際に保障が用意されていることが多いです。

けれど飲酒が原因の肌トラブルだと、その保障を使えないかもしれません。

脱毛前後に飲酒をしてはいけないということは、最初にルールとして約束させられます。

その約束を破ってしまうことになるため、肌トラブルの対処に別料金が必要になったり、対処をしてくれない怖れがあります。

お酒を飲みたくても我慢

どの方法であっても、脱毛の前後の飲酒はNGです。

普段からお酒を飲む習慣がある人は、脱毛のせいでお酒を飲めなくなるのは辛いかもしれません。

けれど飲酒をすると、脱毛に失敗したりトラブルが起こってしまう怖れがあります。

なので問題なく脱毛を終わらせるためにも、飲酒をするのは我慢してください。

The following two tabs change content below.

油井 志穂

1980年生まれの40歳、女性です。広島で飲食業を営んでいます。 がむしゃらに働いてきた30代も過ぎ、そろそろ落ち着いた大人の恋愛をしたいと思い、結婚相談所に登録しました。同年代でお互いに初婚同士の出会いを望んでいます。 最近本業の他に趣味兼副業で占いを始めました。まだ修行中ですが、将来的に収入源のひとつになればいいな、と思います。 もうひとつの趣味が節約で、1円でも安いものを求めて毎日スーパーをハシゴしています。

Leave a Comment